banner_02.gif006-001.gif 無謀にもランキングに参加しております!! ポチッと一日一回、応援お願いします <(_ _)>

2008年03月28日

夕焼け色の調和

DSC_6954のコピー.jpg



スローな時間を過ごしていると、我に返った時に随分と時間が経っているもんです。

楽しい時は早く感じ、退屈な時ほど遅く感じる。

時間とはいつも同じはずなのにね。


私は休みの日に時計をしない事が多い。

携帯も見ない事が多い。

せめて自分の時間位、制約から開放されたいという願望か(-"-;

続きを読む

ニックネーム かんちゃん at 01:42| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

小春日和な散歩道

DSC_6706のコピー.jpg


           『小春日和の散歩道』


        優しき広がる新緑の帯 春の光を攪拌す

           色に魅せられ蝶は舞い

           名も無き花の風薫る

          雪解け雫の輝きに 寝ぼけ眼の蛙跳び 

             青空響く鳥の歌
                 
           輝く流れの水心 負けじと踊る魚心

           春に誘われ 命の調律・・・ 



              
        この日はイイ感じに小春日和!

        私の好きな季節がやってきました!



春はいいね〜♪ 続きを読む
ニックネーム かんちゃん at 03:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

DSC_6355のコピー.jpg


読売テレビの 1億3000万人が泣ける 奇跡をくれた動物たち


予想通り泣いてしまった。

歳食うと涙もろくなる。

特に子供と動物モノに弱い。

でも、泣く方に含まれる一人で良かったと思う。



DSC_6472.jpg



こんな絆に少しでも近づこうな?アールさん!


DSC_3781のコピー.jpg


見てるフリして寝る気だな・・・


banner_02.gif006-001.gif
無謀にもランキングに参加しております!!
いびきをかく黒犬の横で一人涙する飼い主にポチッと一日一回、応援お願いします <(_ _)>
ニックネーム かんちゃん at 21:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

進化する退化

DSC_6239のコピー.jpg


犬は狼のネオテニー(幼形成熟)型と言う説があります。

犬の習性には、狼の子供がとる行動とよく似たものが多く、そして子犬の頃とあまりに変わらず成犬になる外見。

選別交配の人的要因もあるのだが、特に小型の愛玩犬の外見にはその度合いが強く、チワワやポメラニアンなどは頭蓋骨が大人になっても融合しないそうです。

哺乳類の子供の頭蓋骨は、出産の時に産道を通過する際に変形できるように複数の骨が融合していないそうな・・・

つまり、赤ちゃんのままの頭。

他の生物などにも見られるネオテニー化とは、進化論に密接に関係しているとの説があり、子供のまま長くいる事で柔軟な脳や体を持ち、厳しい環境下での適応性、社会性の高い動物が群れを形成する時に、無駄な争いを避ける為など、未熟なままな方が群れの維持に有利、などが要因としてあげられるている。

犬は容姿だけでなく、精神的にも子供ぽい部分が多いのが特徴だ。


そんな部分に人は惹かれる。

犬は可愛い。

見た目も中身も。

人間と暮らし続ける為に、狼からネオテニー化したものだとすると、何とも興味深く、そして切ない話だ・・・

そこまでして人間に好かれようとする犬という種族は幸せなのか?
はたまた不幸せなのか?

その意味を考えてやらねばなるまい。

犬という生き物が好きな人間として・・・



続きを読む
ニックネーム かんちゃん at 02:52| Comment(7) | TrackBack(0) | 飼い主のつぶやき・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

気配

DSC_4807.jpg


いる・・・ 何か・・いる・・・

気配は感じれど、姿は見せず・・・

他には飼い主しか居ないはず。


何者だ?!

熱烈なファン?! 素行調査の探偵!? スクープ狙うパパラッチ?!
命を狙うヒットマン?! 組織の追っ手!?


・・・まさかの幽霊か宇宙人?!



続きを読む
ニックネーム かんちゃん at 01:21| Comment(6) | TrackBack(0) | アールのつぶやき・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

野生の記憶

DSC_5381のコピー.jpg


アールさん、よくお聞き。

男たるもの働かねばなりませぬ。

え?何でって?

生きてく為、自立する為、家族の為、借金を返す為、好きな事をする為・・・。

働く理由は人それぞれですが、まだ働く事に疑問を感じた事はありませぬ。

どうせ働くなら楽しくやりたい。

この理想を掲げると、仕事はとても楽しくて、そして非常に難しい。

そして、たまに疲れる。

もちろん体も疲れるが、頭と心が疲れるとタチが悪い。

楽しく働くどころか、苦痛になるからだ。

体が疲れた時は、ひたすら寝るのが一番。

頭が疲れた時は、ぼ〜っとするのが一番。

心が疲れた時は、ニヤリと笑うのが一番。


誰かと一緒だと気を使うし、一人だとちょっと寂しい。

そんな微妙な時は、君と一緒が調度いい・・・


めっちゃ良い天気だし、山科疏水に野鳥でも探しに行きますか〜!



おNEWの望遠レンズをぶら下げて〜♪ 続きを読む
ニックネーム かんちゃん at 02:01| Comment(7) | TrackBack(0) | 飼い主のつぶやき・・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

イボができちゃった。

DSC_5746.jpg

アールは眠いだけで、このイボさんも大丈夫な類なのでご心配なく。

先週の日曜の朝にイボを見つけた時には、微かなゴマ粒程度だったのですが、夕方には米粒程度に・・・

痛がる様子もなく、獣医の診断も『心配ないと思うので様子をみましょう』とも言われたので、あんまり心配してなかったのですが・・・。

このイボは皮脂線腫と呼ばれるもので、毛根部にある皮脂腺が詰まって炎症や化膿してしまうためだそうです。

治療には外科的切除が一番有効なのですが、麻酔のリスクを犯してまで緊急に切除する程のものでも無いとの事。

『注射針で突けたら一番いいんだけど、目の間だから怖がってさせてくれないかな〜?』

処置させてくれなくて、麻酔をかけるなら切除の方が早いそうなのですが、そんなイボの為に麻酔はかけたくないのでチャレンジ。

結果は獣医さんも感心する程、大人しくしてくれてました。

これも日々の鍛錬の賜物だね。

念のために注射針で採取した細胞診と組織検査してくれるそうですが、まず心配ないようです。

皮膚組織球腫というのもありますが、こちらも場所や二次的感染の心配がないようならば、リンパ球が集まり自然に治癒するので心配ないそうですよ。

デキモノが急に大きくなったり、すぐに治らないとやっぱり心配になりますけど、大半の場合は良性の腫瘍なので、あまり神経質にならずに獣医師さんとよく相談しながら治療しましょう。


思えばアールは三歳半。これまで健康優良児で、あまり病院のお世話になってないのですが、これからもお世話にならないように予防と注意を怠らないように過ごして行きたいと思います。


コメント欄はクローズにしていますが、皆様アールは元気で経過も良好なのでご心配なく(^-^)/

banner_02.gif006-001.gif
無謀にもランキングに参加しております!!
ちょっぴり痛いのを我慢したアールはんにポチッと一日一回、応援お願いします <(_ _)>


ニックネーム かんちゃん at 22:25 | TrackBack(0) | 健康第一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

おまけの勝ち

DSC_5133のコピー.jpg



おまけ・・・


なんとも素敵な響きだ。

思えば幼少の頃はグリコのおまけなどに心を躍らせ、大人になった現在でもおまけは嬉しいもんです。

おまけ単体の価値が、本体の価値を超えてる商品もあります。

本来はおまけ的なステッカーや玩具に価値があり、肝心のお菓子を捨てる子供達が社会問題となったりしましたよね。

おまけには不思議な魔力が宿るのか? 続きを読む
ニックネーム かんちゃん at 01:23| Comment(10) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

おNEWな眼差し

DSC_5026.jpg




どこに目があるのか分かりにくいけど、よ〜く見ればダークな琥珀色したキレイな眼差しです。

黒犬の見た目の中で、私が一番好きな所。


繊細な色の事だけじゃなく、真っ直ぐな眼差しの事も含めてですけどね(笑)

続きを読む
ニックネーム かんちゃん at 02:22| Comment(5) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする